ローンが返済できなくに給料が取上げられてしまいました!!

自分は現在北海道で人材派遣に登録する形で交代制で働いているのですが、交代勤務でも月給は思うほど多くありません。派遣社員なので賞与はもらえないのですが、病気で障がいを抱えている身内の日常生活の世話をみたりいる状態なので、月々の出費はどうしても多くかかってしまうのですがこればかりは仕方ありません。今の給料よりももっとお金になる職場をハローワークに行ったりしてはいますが、今の給料ままではとてもじゃないけど余裕がなく苦しいこともあって、カードローンの借りいれ額も嵩むようになっていきました。

借り入れ金の返済を何ヶ月間か払うことが出来なくなっていたところ、いきなり、派遣元の担当者から給料債権が差押えられたと電話連絡が入りました。派遣元から詳しい内容では、サラ金業者が差押さえを行ったので、私の月給は振り込むことができないので、給料の3/4を供託されることにするとの説明を受けました。受け取れるはずだった給料が入らないという失望感もありですが、増えてしまった借金が滞納している苦しい状況を契約元にばれてしまったのも本当にショックで言葉に詰まりました。

見るに見かねた派遣会社の担当の人がこういう事ならと出してくれたのが、弁護士の紹介機関に相談しに行くようすすめてされたたのです。僕もインターネットで幾つか調べた後に連絡したのですが、紹介された弁護士は借金問題を専門対応している法律事務所に在籍の方でした。応対してくれた弁護士さんに今後の借金について相談してみたところ、債務清算の手続きで返済額を減らすことが出来る提案受けました。今現在の資産状況から自己破産することを地方の裁判所へ申請してから、同時廃止の申したてを済ませ、これまでの差押さえが全部解除して、減らずにいた残高の悩みからも脱出されて、新しい気持ちで生活を再建できるとのことでした。僕は資格制限に働くことが出来ない仕事でもありませんでしたし、派遣元にも給料が差し押さえに遭ったと連絡を受けた段階で既に返済していけない状態に悩んでいるとわかっていましたので、僕は自己破産についての諸々の手続きをお願いしたのでした。パチスロ等で浪費を繰り返している訳ではないと伝えたので、自分が思うより早めに自己破産が認められました。半年を過ぎても破産申請に時間のかかる人もいるという話を聞きましたが、弁護士の方のフォローのお陰で、およそ2ヶ月半のあいだで申請が下ることになりました。

月々の返済に苦慮することがなくなった上に、職場やお給料はそのままを確保することができるので、本当の意味でリスタートできます。5年間は、キャッシングローンを借りることはできませんが、その分、キャッシングカードでできない危険はゼロました。悩むよりもまず早く借金返済の相談を借金相談センターに話しすれば良かったと思い反省しています。