任意整理というのは負債整理というように言われていておのおの債権者への債務の返済を

任意整理というのは負債整理というように言われていておのおの債権者への債務の返済を続けることを前もって決めた借金を整理していく手だてです。

具体的な手続きですが司法書士事務所もしくは弁護士の資格を持つもの債権を有する者と債務者の中に立って話し合い利息を定めている法律に従い利息の再適用を行い新たに計算した借り入れた元金についての利子を削減する形で3年くらいの期間で返済を行っていく借金整理方策です。

この任意整理には各裁判所等をはじめとする公の機関が関与することはないので他の手順と比べた場合、採用した際のリスクが最も少なく手続きが依頼者にとってなにも負担にならないことからここから比較してほしい対策といえます。

さらに、債権者がヤミ金業者などの大変高額なの場合利息に関する法律で決まっている貸出利息に追加して払い込んだ利息にあたっては借入金の元金に充当できるとみなされ借入金の元金をカットすることも可能です。

ということから、ヤミ金などの法外な金利のところに対し長期間返済してきた場合にはある程度の金利分をカットすることができるようなこともありますし、十数年返してきたケースでは借金自体がなくなってしまう可能性もあります。

任意整理の良いところについては、破産手続きとは違って特定の負債だけを処理することができるため連帯保証人が関与している契約以外について整理する時やマンションのローンを除いて整理する際などでも使用することも可能ですし、財産を処分してしまうことは要求されていないためマイカーやマンションなどの自分名義の財産を持っていて、処分してしまいたくない場合にも選択肢になる借金整理の手続きといえるでしょう。

ただし、手続き後返済していく額と実際としての収入額をかんがみて、だいたい完済が見通せるようである場合はこの手続きで進めるほうが良いといえますが自己破産手続きのように負債自体が消滅するというわけではありませんので金額がかなりあるような場合は、実際問題として任意による整理の方法を取るのは困難だといえるでしょう。