個人の破産での手続きによると、申請人は第一に申請書を申請者の住居を受け持つ地裁に

個人の破産での手続きによると、申請人は第一に申請書を申請者の住居を受け持つ地裁に届け出ることが基本です。申請者による申請書があったら裁判所は認定をするべき要因が存在するかなどを議論する流れとなり、審議の完了したとき、申立人に返済不可能というような自己破産受理の要素が揃っているのなら、自己破産申立の許可がくだるわけです。とはいっても自己破産申立の承認があってもそれだけだと借金が消滅したことにならないのです。

次に免責許可を与えてもらう必要性があるのです。免責という用語は破産申請の手続きの際に借金返済が不可能な申請人の返済額に対しては裁判所によって返済を消すことです。※つまりは借金を帳消しにすることです。免責の場合も、破産申立の決定の審理と同様で地裁で診断があって、審理のあとに、免責の許可がおりたのなら自己破産者は義務から免れることになるから負債額はゼロになるのです、その結果自動車ローンやクレジットが使用停止になることを除き、自己破産認定者が受けるデメリットから解放されることとなります。ところで、免責不許可(返済を無しにはさせない)の判定がされると返済責任および破産者へもたらされる不利益は残ることになることは避けられません。

破産の法律の免責制は止むを得ない理由で借金を抱えてしまい苦境にある人々を救出する目的のシステムです。ですから、貯金を秘匿して破産の準備をしたりして地裁にあてて虚偽の申請書を届け出るなどの不正使用する人間や豪遊などの散財で借入を作ってしまった人については、自己破産の承認プロセスを凍結したり、免責承認が許されないです。法律では、免責の許可をもらうことが認められない場合を先に挙げた場合の他に数多く設定していて、その事由を免責の不許可の事由と呼んでいます。