債務整理の広告って信じても!?

書籍のチラシ、タブロイド紙、電話ボックスに配布された広告や郵便広告などで、「債務の片付けいたします」「多重借金をひとつにしたくないですか」という内容の売り言葉を閲覧することがしばしばです。

「整理業者」「買取人」「紹介者」という名の悪徳業者の宣伝のケースもあったりします。

このようなものを申し込んだケースでは自己破産申し立て手順の中で最も大切な免責認可を手に入れられなくなる危険もあります。

「整理人」というのは、ビラなどで多重債務者を引きつけ、相当な依頼料を受けて負債整理をしますが結局のところ債務整頓は行われないで、当人はさらに負債スパイラルに落ちる失敗がほぼすべてと予想されます。

「買取専門人」とは債務者のカードで、電気製品、電車の利用チケットを山ほど仕入れさせ依頼者からその品々を売値の2割あるいは半額で買取るというやり口のようです。

負債者は一時は金が手に入りますが、そのうちクレジット会社によって購入物の全額の支払いがくることになり、結局は債務額を悪化させる結果になります。

このケースではクレジット会社に対して詐欺とされてしまい免責許可をもらえなくなります。

「紹介者」というのは大企業のサラ金から拒絶された負債者に対して直接の提供は一切せずに、融資を可能な関係無い同業者を紹介して、高額な依頼料を出させるグループです。

自らの紹介で融通できたというように説明しますが、実際は何もしておらずただ調査の甘めの会社を教えているというだけなのです。

このときも現実には借金額を拡大させるだけです。