月刊誌の宣伝広告、電信柱に張り付けられたビラや郵便広告などで「多重借金の片付けし

月刊誌の宣伝広告、電信柱に張り付けられたビラや郵便広告などで「多重借金の片付けします」「借金をひとつにしたくありませんか」という内容の惹句を目にすることがしばしばです。

そのようなものは、「整頓屋」「買取業者」「つなぎ屋」と呼ばれる企業の詐欺広告のときも存在します。

このようなものを依頼した際には自己破産申請の流れの中で一番重要な免責決定を受けられないリスクが存在します。

「整理屋」というのは、広告などで借金のある人を呼び出し、法外な依頼料を出させて借金整理を行いますが、実際のところ借金整理はされず、借金者はもっと借金地獄に落ちるときがほぼ全部と言ってよいでしょう。

「買取業者」の場合債務人の借金で電気製品、飛行機の利用チケットを購入させてこれらの商品を購入額の30%ー半値で買取るという方法をとっています。

負債人はそのときは金が増えますが必ずクレジット業者経由で購入物の定価の返済請求がきて、本当は負債を増やすことになります。

この場合、クレジットカード会社に対する詐欺ということで免責許諾を受けられなくなります。

「紹介者」とは人気の金融業者から断られるようになった債務人に対して直接的な金貸しは全然せずに、貸出を可能な違う企業を紹介して、すさまじい経費を出させる会社です。

直接の手続きで資金提供できたという口調で報告しますが実際は何もしていなくて種は簡単で選考のゆるい業者を把握しているということなのです。

このときも結局のところ債務額を拡大させる結果となります。