民事再生による整理は住宅のためのローンも含む多重債務の問題に苦しめられている債務

民事再生による整理は住宅のためのローンも含む多重債務の問題に苦しめられている債務者を念頭において、住んでいる家を手放すことなく金銭管理において立ち直るための公の機関を通した債務整理の処理方法として2000年11月に施行された手段です。  

民事再生という制度には、自己破産とは異なり免責不許可事由はありませんので賭け事などで借金ができたようなときでも民事再生手続きは取れますし、自己破産により業務停止になる危険のある資格で仕事をしている方でも制度の利用が可能になります。  破産の場合は住宅を手放さないわけにはいきませんし、他の債務処理方法では元金そのものは完済していく必要がありますので住宅ローン等を含めて返済をしていくことは多くの場合には簡単ではないでしょう。  

ただし、民事再生という方法を採用できれば住宅のためのローンを除く借金額は少なくない減額することが可能なため、余裕がある状態で住宅のためのローンを支払いながら債務を払っていくことも可能ということになります。  とはいえ、民事再生による解決は任意整理や特定調停といった方法と異なってある部分だけの借り入れを省いて処理を行うことは不可能ですし、破産宣告の場合のように借金自体が帳消しになるわけでもありません。  

それに、それ以外の処理に比べて煩雑で時間もかかりますので住宅ローン等があって住居を手放したくないような場合等以外の破産等といった他の方法がない際の最後の手続きとしておいた方がいいでしょう。