民事再生による整理は住宅ローンを含め重債務に悩んでいる人々を対象に、マンションを

民事再生による整理は住宅ローンを含め重債務に悩んでいる人々を対象に、マンションを手放すことなく金銭管理において立ち直るための謝金の整理の処理方法として適用された制度です。

民事再生は、破産宣告のように免責不許可となる条件がなくギャンブルなどで債務が増えた場合でも手続きは問題ありませんし破産をした場合は業務が不可能になりかねない業界で給与を得ている場合等でも民事再生手続きは検討可能です。

破産宣告では、住宅を手元に残すことは考えられませんし特定調停等では元金は返済していくことが必要ですので、住宅ローンを含めて支払い続けるのは実際のところは難しいと思われます。

民事再生による手続きを取ることができれば住宅ローン等を除いた借入はけっこうな減額することが可能ですので、余裕を持ちながらマンション等のローンを返済しつつ残った借金を払い続けることが可能というわけです。

しかし、民事再生という選択肢は任意整理による処理特定調停といった手続きと異なりある部分だけの債務を除き手続きをすることはできませんし自己破産に適用されるように借金そのものがなくなってしまうということではありません。

さらに、別の債務整理に比べて手順がめんどうで期間もかかりますので住宅ローンなどを組んでおり住んでいる家を維持していきたいような状況を除いて破産申告等といったその他の整理方法がない際の限定的な処理と考えた方がいいでしょう。