民事再生による解決は住宅ローンも含む複数ある債務に悩む人々に対して、マイホームを

民事再生による解決は住宅ローンも含む複数ある債務に悩む人々に対して、マイホームを維持したまま経済的に再建するための法による借金整理の方法として施行された選択肢です。この法律には、破産宣告とは異なり免責不許可となる要件はないために、ギャンブルなどで借金を作った場合も問題ありませんし破産申告をすると業務停止になってしまうポストで仕事をされている場合等でも制度の利用が可能になります。

自己破産制度では、住んでいる家を保有したままにすることは許されませんし任意整理や特定調停などでも元金そのものは支払っていかなければなりませんので、住宅ローンなども返しながら返済を続けるのは現実として困難だと思われます。とはいえ、民事再生による手続きを選択できればマンション等のローン以外での負債についてはかなりの負債を減額することも可能なため、十分に住宅ローンなどを払いながら残りの借金を払っていくことが可能ということなのです。

でも、民事再生という選択肢は任意整理と特定調停といった方法とは異なってある部分のみの借り入れだけを切り取って処理していくことは不可能ですし、破産申請においてのように負債それそのものなくなってしまうということではありません。さらに、これとは別の処理に比べ手続きの手順がめんどうで時間もかかりますので住宅のローンを組んでいてマンションを維持する必要がある状況などを除いて破産等といったそれ以外の方法がない時の最終的な解決策として考えていた方がいいでしょう。