特定調停という手段も任意整理による処理と似ていてそれぞれの債権者への返済を継続し

特定調停という手段も任意整理による処理と似ていてそれぞれの債権者への返済を継続していくことを前提とした債務の整理の選択のことをいいます。          

わかりやすくいうなら裁判所がやる借金整理と考えればいいでしょう。          特定調停も任意整理による方法と似ていて自己破産とは異なり一部のお金だけを整理することになるので他の保証人が関与している借入金を除き処理したい場合や自動車ローンの分を除いて整理したい場合などにおいてでも使うことが可能になりますし全ての資産を放棄する義務はないので、マイカーや不動産などの資産を所有しているものの放棄したくない状況でも有力な選択肢になる債務整理の手順になります。
          
しかしながら、手順を踏んでから返済する額と実際としての収入額を比較検討して返済の目処が立つ場合においてはこの特定調停による処理を進めることに問題ありませんが自己破産と違って負債自体が消えてしまうということではありませんので借りている総量が大きい状況の場合現実問題としてこの特定調停という手続きを実行するのは困難になると判断することになるでしょう。          

それから、この手順は公的機関が介入するので専門家に依頼しなくても不利になるようなことにはならないことや解決のための諸費用を低くおさえられるという点は魅力的ですが、貸し手の取り立てに対し対処しなければならない点や、実際の裁判所に足を運ぶことが求められるなどの留意点もあります。          

任意整理との比較になりますが、この方法で同意に達しない際には借入利息をすべて付けた形で返していくことが求められることや結果的に債権を持つものに対し払う合計が任意整理による手続きより増えることが多いなどの覚えておきたい点もあります。