特定調停という方法も任意整理と同じように、お金の貸し手に対し借金の支払いを継続す

特定調停という方法も任意整理と同じように、お金の貸し手に対し借金の支払いを継続することを前もって決めた借金を整理する手順のことをいいます。

他の表現でいうなら裁判所が関係する借金整理といえます。

この方法も任意整理による手続きと同じように自己破産とは異なりある部分のみのお金だけを処理することになりますので、連帯保証人が関与している借金以外だけで処理する際やマンションのローンを除き処理していく際なども使うことができますし、資産を手放すことは必要とされていないので投資信託や戸建て住宅などの自分名義の財産を所有していて、手放したくない状況でも活用できる借金整理の方法といえるでしょう。

しかし、手続きを取った後返済していく額と実現可能な手取り額を比較して、常識的に見て完済が見通せるようであればこの特定調停による手続きで進めることに問題ありませんが、破産宣告とは違い負債自体が消滅するという意味ではありませんので総量が大きいような場合は実際問題として特定調停の手続きを進めることは難しくなると判断することになるでしょう。

いっぽう、特定調停は裁判所が間に入るため司法書士事務所などにお願いしなくても立場が弱くなってしまう心配はないということや手続きのためのコストを減らせるという益は魅力的ですが貸方からのわずらわしい取り立てに対し自ら回答していくことになる点に加え所定の裁判所に数回足を運ぶ手間を要するなどといった覚えておきたい点もあります。

さらに、任意による整理と比べると同意に達しないような際は借入利息をそのままの金額で支払っていくことが求められるという点やそれら債務者に対し返済していくお金が任意整理に対して増えることがあるという注意が必要な点もあります。