特定調停という方法も任意整理による解決と同じようにそれぞれのお金の貸し手に返済を

特定調停という方法も任意整理による解決と同じようにそれぞれのお金の貸し手に返済を継続していくことを前提とした借金を整理していく手順のことをいいます。

わかりやすくいうならば裁判所が関与する任意整理ということができます。

任意整理と同じように破産手続きとは違い一部の借金のみを処理することができるため、保証人が付く契約を別として検討していく際やマンションのローン以外で検討したい場合などでも用いることが可能ですし、全ての資産を放棄してしまうことは求められませんのでマイカーや土地などの自分名義の財産を持っているものの手放してしまいたくない場合にも活用できる債務整理の手続きになります。

今後の返済額と実際に可能な所得を比較検討し、返済の計画を立てられるようならこの特定調停による処理を進めることが可能ですが破産と違い負債自体が消えるのではありませんので、借金の量がかなりになる状況では現実にはこの方法で方法を取るのは困難になると考えるのが無難でしょう。

あと、この特定調停は裁判所という機関が解決に当たりますので専門家に依頼しなくてもリスクが増えることがないという点とか手続きのコストをおさえられるという利点は良いのですが貸し手のきびしい催促に債務者本人が回答していく必要がある点や裁判所にことあるごとに足を運ぶ必要があるなどのデメリットもあります。

任意による整理と比べると和解に達しないときには求められている利息をそのまま付けた額で返していくことが求められる点や最終的に貸し手に対して払っていく金額が任意による整理と比較して割高になる傾向にあるなどといった覚えておきたい点もあります。