破産を考えている人で持っているローンにあたってその保証人となる人が存在するときに

破産を考えている人で持っているローンにあたってその保証人となる人が存在するときには事前にきちんと話をしておいたほうがよいでしょう。ここで、強調しておきますが債務に保証人を立てているときは、破産宣告をする前に検討しなければなりません。その理由はあなたが破産宣告をして免責されると保証人となる人があなたが作った返済義務を全部払う必要があるからです。ですから、破産手続きの前に至った詳細とかおかれた現状を報告しつつ謝罪をしておかなくてはならないでしょう。あなたの保証人の立場からすると当たり前です。あなた自身が破産するために、結果的に膨大な借金が発生するのですから。
そうなるとすれば、以降の保証人である人の取れる道は次の4つです。一つの方法は保証人となる人が「いっさいを弁済する」という選択肢です。保証人となる人が多くの負債を問題なく支払うことができる現金を持っていればこの手段が選択できます。でもその場合は、あえて破産宣告せずにあなたの保証人に立て替えてもらい自分は保証人となる人に月々一定額を払っていくという手順も取れるかと思います。保証してくれる人が借金をした人と親しい関係にある場合は、少しは期日を繰り延べてもらうこともできるかもしれません。

それに一括で完済ができなくても金融業者も話し合いで分割に応じる場合も多いです。保証人に破産申告を行われてしまうとお金がなにも戻らないことになってしまうからです。また保証人が債務者の返済額を全額負う財産がない場合は、お金を借りたあなたと同じようにある中から負債の整理を選ばなくてはなりません。2つめが「任意整理をする」ことです。この方法を取る場合債権者側と示談する方法により、だいたい5年ほどの年月で完済していく方法になります。依頼するときの費用の相場は債権者1社ごとに4万円ほど。合計7社からの債務があるなら28万かかることになります。

また貸金業者との話し合いを自分ですることもできないことはないかもしれませんが知識のない素人だと債権者が自分たちに有利な和解案を押してくるので、気を付けた方がいいでしょう。それに、任意整理を行うという場合も保証人に借金を立て替えてもらうわけなので借りた本人は時間がかかるとしてもその保証人に返済を続けていく必要があるでしょう。3つめはその保証人も借金した人と同じく「破産手続きをする」場合です。その保証人もあなたと同じように自己破産をすればその保証人の責任も消滅します。ただし、保証人がもし戸建て住宅などを登記しているならば所有する財産を没収されてしまいますし、証券会社の役員等の職業についているのであれば影響がでます。そのような場合は、個人再生という制度を利用するといいでしょう。

一番最後に4つめの方法としては「個人再生による手続きを取る」ことができます。土地建物等を残したまま債務の整理をしたい場合や自己破産手続きでは制限がかかる業務にたずさわっている場合に検討していただきたいのが個人再生という制度です。この方法なら、マンション等は手元に残りますし破産手続きの場合のような、資格に影響を与える制限が何もかかりません。