破産手続きを検討する人で抱えている借金にあたり保証する人がいる場合には、事前にき

破産手続きを検討する人で抱えている借金にあたり保証する人がいる場合には、事前にきちんと話しておいたほうがいいでしょう。ふたたび、改めてお話ししますが、負債に保証人がいるときは破産宣告の前にきちんと検討しなければなりません。というのはみなさんが破産宣告をして免責がおりると、その人たちが義務をいっさいがっさい果たすことになってしまうからです。

だから、自己破産手続き前に保証人になってくれた人に、これまでの経緯とか現状を報告しお詫びの一つもなければならないでしょう。これらは保証人となる人からすると当然のことです。自己破産するために強制的に何百万円もの負債が生じてしまうのです。そして、それからの保証する立場の人の取れる手順は4つになります。一つの方法は、保証人が「全額弁済する」というものです。保証人自身がすぐにでも何百万円もの借金をラクに返せる現金を用意していればこの方法が選択できるでしょう。

ただむしろあなたが破産申告せず保証人自身に立て替えを依頼してあなたは保証人である人に定期的に返済していくという形も取れるのではないでしょうか。もし保証人があなた自身と信頼関係にあるのならばいくらかは返済期間を考慮してもらうこともできるかもしれません。それに合わせて返済ができなくとも業者側も相談で分割払いに応じるかもしれません。あなたの保証人に破産宣告を行われると貸金がなにも返らないことになってしまうからです。また保証人が債務者のお金をすべて立て替える財力がない場合は、借金したまた同様に何らかの債務の整理を選ばなければなりません。

続く選択肢は「任意整理をする」処理です。債権者と話し合う方法によって、おおよそ5年弱の期間内で完済していく形になります。お願いする場合のかかる費用は1社ごとに4万。合計7社から債務があるとしたらおよそ28万円かかります。むろん貸金業者との交渉は自分でやることも可能ですが、法律や交渉の経験や知識がない人だと向こうがあなたにとっては不利な条件を用意してくるので注意する必要があります。また、任意整理で処理する場合はその保証人に借金を払ってもらうわけなので、借金をしたあなたはたとえちょっとずつでも保証人に返済を続けていくべきでしょう。

さらに3つめはその保証人もあなたと同じく「自己破産を申し立てる」という選択です。保証人となっている人も借金した人とともに破産申告すれば、あなたの保証人の義務も返さなくて良いことになります。ただし、もし保証人が土地建物等を所有しているならば価値のある個人財産を取り上げられますし資格制限がある業界にいる場合は影響がでます。そういった場合は、個人再生を検討することができます。最後の4つめの手段は、「個人再生をする」ようにします。住宅等の不動産を処分せずに債務整理をする場合や、破産宣告では資格に影響するお仕事に従事している場合に利用できるのが個人再生による整理です。この方法なら自分の住宅は残りますし、破産のような職業の制限資格制限等は一切ありません。