破産承認が済んだ場合に、どういう類の失うものが存在するのかは、破産を検討した人達

破産承認が済んだ場合に、どういう類の失うものが存在するのかは、破産を検討した人達にとって100%始まりに得たいデータだと考えます。

自己破産認定者にもたらされるデメリットに関しての箇条にしてみます。

・役場の破産者名簿に書かれます。

※国の証明書を作るためのデータですので一般の人は入手することが不可能ですし、免責の承認がもらえれば取り消しになります。

・官報において掲載される。

※通常の新聞とは異なりほとんどの書籍店では置かれていないですし、一般の方達には関連のないものであると思います。

・公法上でのライセンスの制限。

※自己破産認定者になった場合法曹、会計士、司法書士、税理士など資格保持者は資格無効になって業務ができません。

・私法上でのライセンス限定。

※自己破産認定者は後見役、連帯保証人、遺言実行役を受け持つことが無理になります。

その他合名企業、合資の企業の労働者と株式の会社、有限会社の取締クラス、監査担当役のとき、退任事由となります。

・各種ローンやクレジット用カードを使用することが認められません。

なお、破産管財人が関わる事件の際、以下の制限が加わります。

・破産者自身の資産を自在に利用、譲渡することが許されなくなります。

・破産管財担当者や貸し手委員会の申請があると弁明をしなければならなくなります。

・司法の認定なしに住む場所の引越しや長い期間の旅行をすることは許されません。

・緊急であると認定する場合は身柄を保護される場合がありうるのです。

・郵便物は破産管財人に送られることになり破産管財を行う者は送られてきた郵便物を開封可能です。

他の破産者のデメリットでしばしば誤解がある事項を箇条にしてみました。

1戸籍データおよび住民台帳には入力されません。

2企業は破産を根拠に退職させることは許されません。

※通常、本人から言葉にしないかぎり他人に噂されることはないでしょう。

3選挙の権利や選挙に出る権利などの権利はそのままです。

4連帯保証者でないなら、家族には返納義務はないです。

5最低限度の日々の生活に大切な家具(パーソナルコンピューターTVを含め)洋服などは差し押さえられることはありません。

自己破産者の損失に関する項目をリストアップしてみました。

破産をすることで返済義務はまっさらになるとはいえども、今まで挙げた損失が存在します。

自己破産をする上で、得も不利益検討した方がよいと思います。