膨らみすぎた借金を解決する様に弁護士と相談して私が行なった究極のメゾッドは任意整理というやり方です

自分は税務署職員です。公務員なのですが借金の返済不能になってしまいました。借り入れの原因ですが、自分の身の丈を超えたライフスタイルを切望したのが間違いだったのです。マイホームにBMW、家族との旅行等で失敗してしまいました。

その頃は浪費中毒の状況だったのかも知れません。支払期限が来ると、不足分をカードの短期融資や、サラ金と呼ばれる所から借りて返す自転車操業という暗いことをやっていました。この様にして益々借入金はでかくなるばかりだったのです。ではありますが借り入れして返済の自転車操業を6年以上やり続けていたのです。

私の公務員である仕事上、金融会社は幾らでも与信枠を与えます。アドバイスをもらえる人がおりませんでしたといったことも借金が増加した誘因でもありました。

2015年の春、最終的にこの自転車操業も最終点やってきて、債務整理をしなければならないことに決めたのです。みんな無担保で5社、消費者金融5社、信販系外5社、から借り続け、多いには1100万円以上、毎月の弁済額は元利込みで実際の収入の2倍にも膨れあがってました。

あるときサラ金業者から、激しい集金が始まり、焦った僕は、インターネット上で債務整理の専門の方を探し、5月14日に相談を行いました。5月18日弁護士に任意整理を申し込んだんです。債務整理の仕方として任意整理を決めた理由は、自己破産は回避したい。弁済できる額はできるだけ返戻して行く覚悟です。役所に係わる負債を綺麗にすると生活の基盤をが駄目になる。その為法律で解消する借り入れを選択できない破産や個人再生はやることが私のケースでは不可能なのです。でもやっぱり生活や仕事の再建をしたい気持ちが強かったのです。

債務整理に取り組める期間と精気安全性をみると、お金がかかっても専門家を立てた任意整理が順当だと決定しました。負っていた負債の内、750万円整理対象としましたが、その額でも任意整理するにはオーバーでした。専門家の指示も初めのうちは破産が最善だったのです。けでども月毎の返済原資14万円から20万円の範囲内でなんとかして返済を続けたいと弁護士に打ち明けて、限界までしてみようと言うことになった訳です。

結局依頼からちょうど約4ヶ月後に交渉相手との和解が成功したのです。債務元金1100万円400万円に減り、毎月30万以上返済していた返金額も利息免除の14万円と言うことに落ち着いたのです。このおかげで3年後には無借金になるプランも可能となっちゃいました。初めのままの場合だと15年以上払い続けてもはん分も返済不可能だったと思います。この内幾つかの会社は取り引きが長く、過払い金の返還訴訟も期待できると弁護士に言われましたが、考慮してゼロ和解に決めたのです。債権者には迷惑を掛けたわけですし、債務の整理が出来る和解が成立しただけで十分だと自身に言ったものです。

まだ2,3ヶ月なのですが、1ヶ月ごとのストレスは非常に気持ちが楽になり変わりました。利息の免除で弁済するお金は全て元本に充てられるのだから特に支払った額だけ負債が減っていくと言う感覚があります。それから先は弱気にならないように邁進するのみです。借金トラブルで債務整理を行なう人は様々なケースにわたっております。所得の高く無い人のみとは限らないのです。どんな人でも債務地獄に陥る恐れはあり得ます。

自分自身の職業のため、専門家による任意整理に挑戦した事は成功だったと思いました。金利の低い債務の一本化だったら問題の解消はできない状態でしたし特定調停では月毎に1回役所を休んで裁判所にいかなければなりませんし、自己破産だと仕事上、支障があり得るのです。きちんと情報を集めて債務整理に強い弁護士を見つけ出したのが、克服への後悔しない道であったと感じます。