自己破産というものは部分的なお金を外して行う申し込みは通りませんので住宅ローンあ

自己破産というものは部分的なお金を外して行う申し込みは通りませんので住宅ローンあるいは親族などの保証人の存在しているローンを外して行う破産の申込は通ることがありません。ローンがまだある場合に破産の申請を行えば持ち家は押収されてしまいます故、高額な住宅ローンを支払い続けながら(自分の部屋を所有し続けながら)返済義務のある借金を弁済していきたいケースでは民事再生という別の手続きを検討するのがよいでしょう。その一方で親族などの保証人の記載されている返済義務のある借金が存在するケースでは、債務を負った人が自己破産の申し立てを行うと、保証人のところに直々に請求が送られてしまいます。

なお、所有権のある資産(持ち家、乗用車、証券ないしは各種保険の類い)については、通常は例外なく回収対象として扱われてしまうため絶対に所持したい私有財産が存在するケースないしは自己破産の手続きをすると営業停止を余儀なくされる免許で給料を得ているケースですと、異なる種類の返済のやり方(任意整理や特定調停手続など)を使わなければならないでしょう。

またばくち又は無用な支出といった原因で返済義務のある負債故の申し立てだというときには免責(未返済金などの債務を無効にする認定)が受けつけられない事態も考えられますので異なる借入金整理の方法(特定調停の申し立て、債権者との和解による任意整理ないしは民事再生による借金の圧縮)といったことも候補に入れて検討する方が望ましい結果が得られることもあると考えられます。